FC2ブログ
神棚・神具 伊勢宮忠

 

> 神号と図像の間の漢文らしき文章が、写真では確認できませんが、託宣の本文なのでしょうか?


Q.> 三社託宣の本文(【天照皇大神】謀計は眼前の利潤たりと雖も必ず神明の罰に当る、
> 正直は一旦の依怙に非ずと雖も終には日月の憐れみを蒙る【八幡大菩薩】鉄丸を食すと雖も心汚れたる人の物を受けず、
> 銅焔に座すと雖も心穢れたる人の処に到らず【春日大明神】千日の注連を曳くと雖も、邪見の家には到らず。
> 重服深厚たりと雖も、慈悲の室に赴くべし。)が記された掛軸を探していて行き当たりました。
> 神号と図像の間の漢文らしき文章が、写真では確認できませんが、託宣の本文なのでしょうか?
>
> 又、他に託宣の本文が記された商品(全文が記されてさえいれば字句の多少の異同は可)を御取り扱いでしたら御紹介下さい。




A.ボタン三姿下風帯の掛軸に書かれている文字は
日本書紀の中での一部で祝詞として書かれたものです。

一、豊葦原の千五百秋の瑞穂国は、吾が子孫の
  王たるべき地なり。宜しく爾皇孫就きて治せ。
  さきくませ。宝祚の隆えむこと、まさに天壌と
  窮りはかるべし。
二、吾が児、此の宝鏡をみさむこと、まさに吾を
  視るがごとくすべし。ともに床を同くじ殿を
  共にして斎鏡とすべし。
三、高皇産霊尊は樹を當し、日本の国が栄を幾よ
  の年までおまつり奉斎するようにと
  願うべし。



掛軸 ボタン三姿下風帯


掛軸 ボタン三姿下風帯
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kj-btss-00-150.html





神棚 神祭具 伊勢 宮忠

スポンサーサイト



【2011/04/26 15:00】 | 掛軸 |
「掛軸 ボタン三姿下風帯」この三神の組み合わせはどういう理由があってのことなのでしょうか?
   Q.掛軸 ボタン三姿下風帯
   この三神の組み合わせは
   どういう理由があってのことなのでしょうか?

   



   A.三神の組み合わせについて
   お調べさせていただきましたところ
   「三社託宣」のいわれでこの三神のお姿が書かれているそうです。


   天照皇大神:正直
   八幡大神 :清らか 武士の神様(源氏)
   春日大神 :慈悲 藤原氏(貴族・皇族)




   掛軸 ボタン三姿下風帯




  【掛軸 ボタン三姿下風帯
   http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kj-btss-00-150.html





神棚 神祭具 伊勢 宮忠

【2011/02/22 10:46】 | 掛軸 |
| ホーム |